2018年08月25日

わたモテ喪140の感想続き

前回の感想の続きです
加藤さんとの学部紹介にうっち−のグループ(通称絵文字S)も合流する事になり説明を受ける一行計6人。
偶然合った視線をうっちーのシンプル顔で中和せずにはいられない程、まだ加藤さんに対しての特別な意識が抜けないもこっち
その為終始加藤さんのペースに合わせようとするが、それが加藤さんは若干気に入らない様子。
小動物並みの危機感知力が思わず働いて喉を詰まらせてしまい加藤さんからドリンクを差し出されるが間接キスを想像して受け取れず、うっちーから差し出されたドリンクで流し込むもこっち。(この時うっちーはもこっちが口を付けた飲み口を意識してるが、その後ドリンクをどうしたのかはコマから見切れてて不明。しかし若干前屈になってるのはひょっとしたら…)
その後、午後の大学見学は順調に終わり(ネモやゆりちゃんもこの大学でいいんじゃないか、と思う位に)気に入った様子のもこっち。(この時初めてもこっちの中でのゆりちゃんの認識が顔アイコンから「ゆり」という名前呼びになってますね。GW明けのゆりちゃんとの絡みも楽しみ)
今日の感想を求められる際加藤さんはもこっちに対して感じていた、自分に対しての態度の違和感を訊ねる。
今まで本性を見せないようにして来たが、それが相手に嫌な思いをさせると知り、例え嫌われようとも自分の本性を晒そうと決心するもこっち
「…加藤さん、私実はド変態なんだ」絵文字.Sも見てる中で大真面目な顔で告白をするという今回屈指の名シーン
シリアスな流れで過去のちん●ん画像の詳細を告白します。そんな決死の告白を受けて加藤さんは…
「黒木さんがペ●スの画像を見てる事がどうして仲良くならない理由になるの?」ちん●んの事をペ●スって言うタイプと判明。
他にも岡田ネモの仲直り話の真実やセクハラ癖なども包み隠さず話すが、何を言っても引かずに受け入れてくれる聖母マリアさまぶりを発揮し、加藤さんメイン話は無事に事無きを得るのだった。(これで加藤さんも晴れてメインキャラ入り確定ですね!)

尚、帰りの電車の中で「友達にセクハラ」の詳細を訊ねられて、ゆうちゃんに対して行うセクハラやエロ視線を説明し、過激すぎて引かれるかと予想したもこっちに対して「それだけ…?」とあっけらかんと返す加藤さんの一言で終わるのですが、その(それだけ?)がどんな意味を含んでるのかが気になる所

考えられるパターンは
A、文字通り加藤さんは経験則、もしくは貯えた知識的な「ド変態」の定義がもこっちより上のパターン
B、加藤さんの視線からはもこっちの匂いを嗅ぎまわってるうっちーの姿が見えてるので、それと比べたら大したことが無いというパターン
BならGW明けにも変わらない(皆がもこっちとの仲が深まった)日常が待ってますが、Aだとして故意若しくは不意に(吉田さんにやらかした時のように)加藤さんにセクハラをした時に許容されたりして色々波乱がありそうです。


ラベル:わたモテの
posted by しゅん at 17:03| Comment(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

アダルト動画 DUGA -デュガ-
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。