2018年09月06日

わたモテ喪141の感想

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」の感想です。ネタバレを含みますので最新話がまだの方はプラウザバックをお願いします。
今回は待望のきーちゃん回!最近もこっちが酷い目に遭ってなかったので八尺様ドッキリ並みの惨状に期待です!。

3日連続大学見学の後でグータラ状態のもこっち、そんな時にドアが開いてきーちゃん登場「今日は長い一日になりそうだ…」一瞬で覚悟を決めるもこっち。
どうももこっちの受験に気を使って今回は早めに来た様子。挨拶も早々にお姉ちゃんの為に持ってきたという一枚のDVDを回し出します
中身は「け●のフレンズ」。そう、きーちゃんともこっちはお互いをケモナーだと誤解したままだったのだ。
流行ってた当時裏番組を見てたもこっちはこれを機に一緒に視聴する事に、しかしもっと過激な作風が好きなもこっちは欠伸を漏らしてしまい、きーちゃんに(もっとHなやつじゃないとダメなのかな?)と推測されます。Hなやつが好きなのは当たってる。
以前会った時と比べて様子の変わったもこっちにきーちゃんスキャン開始。笑顔でネズミ―ランドの集合写真を冷静に分析するきーちゃんが怖い。
最近のもこっちの交友関係が気になった様子のきーちゃん、高校見学の体でもこっちフレンズたちに会いに行く事に。

後編はGW中の学校パート、早速担任の荻野先生に出会う。てか、きーちゃんの名前「希心」なのか!
きーちゃんにもこっちの普段の様子を聞かれた荻野先生「たくさんの友達に囲まれてクラスのムードメーカよ」と盛り過ぎ!(まあもこっちフレンズの中心に間違いないけど)、全く信用してない(?)きーちゃんの棒返事も酷い。
次に会ったのは伊藤さん、早々に会話の続かなくなった二人を見てきーちゃんの(本性を隠してコミュ力を発揮できる)サイコパス能力を発揮!
きーちゃんはなんかネモに似ている気がする。高校行ったら本性隠してリア充化するのかな?

次は舞台を校庭に移してもこっち弟の試合観戦に来てた小宮山さんと遭遇。こみさんからは例え従妹であっても(合法的に近づける)豚扱い!
黒木(弟)はきーもこの気配を感じて………ここでブツ切り終了!?

多分…次の更新できーちゃんの話の後編をやると思うのですが…、もこっち漏らしてないし
きーちゃんが「会いたい」と言っていた写真に写っていたもこっちフレンズ達にまだ会ってませんしね。
夏、冬休みに会いに来ないとの言葉から登場が最後になるかも知れない貴重なきーちゃん登場回、後編では久々に酷い目に遭うもこっちに期待です!(これできーちゃん回が終わりとか無いよな…?)
posted by しゅん at 13:02| Comment(0) | わたモテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

わたモテ喪140の感想続き

前回の感想の続きです
加藤さんとの学部紹介にうっち−のグループ(通称絵文字S)も合流する事になり説明を受ける一行計6人。
偶然合った視線をうっちーのシンプル顔で中和せずにはいられない程、まだ加藤さんに対しての特別な意識が抜けないもこっち
その為終始加藤さんのペースに合わせようとするが、それが加藤さんは若干気に入らない様子。
小動物並みの危機感知力が思わず働いて喉を詰まらせてしまい加藤さんからドリンクを差し出されるが間接キスを想像して受け取れず、うっちーから差し出されたドリンクで流し込むもこっち。(この時うっちーはもこっちが口を付けた飲み口を意識してるが、その後ドリンクをどうしたのかはコマから見切れてて不明。しかし若干前屈になってるのはひょっとしたら…)
その後、午後の大学見学は順調に終わり(ネモやゆりちゃんもこの大学でいいんじゃないか、と思う位に)気に入った様子のもこっち。(この時初めてもこっちの中でのゆりちゃんの認識が顔アイコンから「ゆり」という名前呼びになってますね。GW明けのゆりちゃんとの絡みも楽しみ)
今日の感想を求められる際加藤さんはもこっちに対して感じていた、自分に対しての態度の違和感を訊ねる。
今まで本性を見せないようにして来たが、それが相手に嫌な思いをさせると知り、例え嫌われようとも自分の本性を晒そうと決心するもこっち
「…加藤さん、私実はド変態なんだ」絵文字.Sも見てる中で大真面目な顔で告白をするという今回屈指の名シーン
シリアスな流れで過去のちん●ん画像の詳細を告白します。そんな決死の告白を受けて加藤さんは…
「黒木さんがペ●スの画像を見てる事がどうして仲良くならない理由になるの?」ちん●んの事をペ●スって言うタイプと判明。
他にも岡田ネモの仲直り話の真実やセクハラ癖なども包み隠さず話すが、何を言っても引かずに受け入れてくれる聖母マリアさまぶりを発揮し、加藤さんメイン話は無事に事無きを得るのだった。(これで加藤さんも晴れてメインキャラ入り確定ですね!)

尚、帰りの電車の中で「友達にセクハラ」の詳細を訊ねられて、ゆうちゃんに対して行うセクハラやエロ視線を説明し、過激すぎて引かれるかと予想したもこっちに対して「それだけ…?」とあっけらかんと返す加藤さんの一言で終わるのですが、その(それだけ?)がどんな意味を含んでるのかが気になる所

考えられるパターンは
A、文字通り加藤さんは経験則、もしくは貯えた知識的な「ド変態」の定義がもこっちより上のパターン
B、加藤さんの視線からはもこっちの匂いを嗅ぎまわってるうっちーの姿が見えてるので、それと比べたら大したことが無いというパターン
BならGW明けにも変わらない(皆がもこっちとの仲が深まった)日常が待ってますが、Aだとして故意若しくは不意に(吉田さんにやらかした時のように)加藤さんにセクハラをした時に許容されたりして色々波乱がありそうです。
ラベル:わたモテの
posted by しゅん at 17:03| Comment(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

わたモテ喪140の感想

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」の感想です。ネタバレを含みますので最新話がまだの方はプラウザバックをお願いします。
今回は加藤さんと大学見学回。今回更新されるのが割と怖いというか、ゆりちゃんネモと好感度上げる回が続いたので最後は落としにかかるんじゃないかと思うんですよね(失望からのサイコ化というきーちゃんルートもあるのでそれも面白いのですが)それでは見ていきましょう。
…てか、最初に気づいたのが、今回ページ数多い!一度の更新で8ページや6ページという時もあり12ページともあれば当たり回と小躍りするのがわたモテなのに23ページ。これはゆりちゃんネモに続いて結構離された人気3番手ポジションの加藤さんを一気にメイン格に引き上げる話なのか!?
まずは待ち合わせからスタート。ポニーテール姿のもこっち割と可愛い!しかし絶対高3には見えない。その後現れた加藤さんとの褒めあいジャブに緊張してる為失敗するもこっち、2人は青学へ。大学の説明の後加藤さんの兄はここの卒業生で、その縁で憧れを持ったと説明されるが、回想に出てくるロリ加藤さんが可愛い!同作者の描く同年代キャラの中でも明らかに作画に力が入ってます。
一方でもこっちの青学に対するイメージも〇と高評価。(ゆりちゃんと行った近くの大学は×でネモと行った森永大学は△}
すると場面が変わり、大学見学に来てたうっちーグループ登場、相変わらずうっちーのもこっち特化の感知能力を発揮し遭遇。うっちーの強引な舵取りでうっちーグループももこっち達の学部紹介に同行する事に
(と、今回はちょっと長いのでここで一旦区切りに、また後で後半の感想上げます。)
現時点でキャラの予想が付きにくい加藤さんとのツーショットだけだと展開がどうなるのか緊張感がある所に安定感のあるうっちー登場で救われました。ってか、うっちーにとってのマリア像がもこっちになってる。
ラベル:わたモテの
posted by しゅん at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

わたモテ喪139感想 動揺するネモが可愛い!

あれ、人気投票の最終結果見れないのかな?(まあキバ子投票は焼け石に水だったでしょうけど吉田さんと加藤さんの順位が気になる)

*ガンガンONLINEで連載中のわたモテの感想です、ネタバレを含みますのでまだの方は先に本編を読了して下さい

ネモと一緒に明…森永大学に見学に行く回。ネモのもう一人の親友岡田も交じって3人で、という事になっていたようです。
行きの電車の中でもこっちに昨日のゆりちゃんとの見学の様子を探るネモ、やはりライバルの動向は気になる様子。
大学見学パートでいきなりヤリサーを探すもこっち、流石です。
喫煙所では吉田、ゆり、もこっち3人の貴重な喫煙シーン想像図が!吉田さんがやたらセクシー…エロい!
もこっち的には何となく遠足メンバーと一緒の進学先になると考えてるのかな?
その後文芸部のパンフレットを何となく見ていたもこっちは将来の夢に小説家になりたいのかとネモに問われて就職出来なさそうと否定するもこっちに対してネモは普通の就職は無理だと駄目出し。ネモ的には自分の夢である声優とリンク出来る小説家にやんわりと誘導したいみたいです。

大学見学が終わって後編の秋葉原見物パートへ
どちらが岡田を引かせられるか勝負を仕掛けてくるネモ、何だその勝負は。
お互いのオタクスポットを交互に紹介するが早々にネモ節が炸裂、本気のヲタ勝負を望むネモと誘いに乗ってどんどん深淵化していくヲタスポット。
もこっちは大人のおもちゃ店でバイブを見せつけ優勢に立つ、肝心の岡田がそれ程引いてないのに明らかに動揺するネモ。
どうしても負けを認めたがらないネモに対して引導を渡すべくガチエロゲーの販売コーナーへ案内するもこっち。
今までに自分の知ってる範疇(ヌルエロ)から逸脱したみさくら語が飛び交うガチエロにネモは敗北寸前。しかしもこっちから向けられる憐憫の視線に対して逆転すべく最終的にガチエロゲーを買ってしまい精神的勝利を収めてしまうネモ。
もこっちを振り回そうとするも自分が振り回される状況に、同じ大学に進学したら自分が振り回す立場になろうと誓うのだった。

ネモの〇女確定回。同じ大学に拘っていたゆりちゃんに対して、ネモはどちらかというとその先の未来をもこっちと歩む事を考えてるみたいですね。もこっちライト姉妹編が始めるのか?と予測しました。
次の更新は3週間後…、遠い
posted by しゅん at 13:14| Comment(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

キバ子支援絵描いてみた

プリキバ,.jpg
支援絵?描いてたんですけどいつの間にかキバ子の順位が6位に落ちてるやんけ…。上位3人は一度も順位が動いてないんじゃないかな?
posted by しゅん at 11:41| Comment(0) | 描いてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アダルト動画 DUGA -デュガ-